ライセンスの代替としての特許を中心に設計する

“”奪われるべき教訓は、周りの設計の有効性は、特許請求された発明の新規性および/または機能性の点で変化がどれほど重要であるかに依存する可能性 また、長年の先行技術技術を利用する変更を組み込む可能性を考慮する必要があります…””

ライセンスの代替としての特許の周りの設計企業が停戦書簡や特許侵害訴訟の十字線に自分自身を見つけたときはいつでも、ライセンスは実行可能な選択肢ではないかもしれません。 これは、特許保有者が競合他社に対して特許を執行することを意図している競争相手である場合によくあります。

このような状況での最初の防衛線は、特許の独立した主張の本質的な要素がないことに基づいて、あなたが非侵害の堅実な議論を持っているかどうか 要素が間違いなく欠落している場合でも、あなたはまだあなたの告発された製品やサービスが同等の教義の下で侵害することが判明したかどうか

次の防衛線は、特許が1つ以上の理由(例えば、特許権のない主題、期待、自明性、不定性、有効化、不平等な行為)で無効であるかどうかを評価することである。 しかし、そのような防衛は、特許の推定された有効性を克服しなければならない。 さらに、そのような防御の開発には、慣習的に、広範な先行技術の検索を含む時間と費用が必要である。

よく見落とされるアプローチは、侵害を避けるために製品やサービスを再設計することです。 「すべての要素規則」の下で、特許が侵害されるためには、被告人の製品、方法またはサービスは、関連する独立した請求項に記載されているすべての要素ま 例えば、Dolly,Inc. V.スポルディング&Evenflo Cos.,16F.3d394,397(Fed. Cir 1994). 私たちの特許制度は、”保護された発明は特許請求の範囲が言うことであり、特許請求の範囲の言語を避けることによって侵害を回避することがで”スリムフォールド製作所” Co. V.キンケイド-インダス (株)エヌ-ティ-ティ,932F.2d1453,1457(Fed. Cir 1991). したがって、被告人の製品またはサービスの市場性を損なうことなく、特定の要素またはステップを排除できる場合、侵害を回避することが可能であ 設計の周りには、特許請求の範囲に記載されている所定の要素またはステップを排除することが必要です。 侵害を避けるための意図的な設計回避策は、さらなる技術革新に有益であるとして、法律の下で奨励されています。 例えば、State Indusを参照されたい。 (株) V.A.O.Smith Corp.,751F.2d1226,1236(Fed.Cir 1985年)(”特許制度の利点の一つは、競合他社の製品を”デザインする”ためのいわゆる”負のインセンティブ”です。”).

しかし、単に新しい要素や追加のステップを追加するだけでは十分ではありません。 あなたの告発された製品やサービスの価値や機能を損なうことなく要素やステップを排除することができない場合は、その要素のために何かを代 それでも、あなたの再設計された非難された製品やサービスは、必ずしもセーフハーバーを保証するものではありません。 デザインアラウンドに応答して特許保有者は、(1)あなたの新しい製品やサービスに到達するために同等の教義を主張するか、(2)真正面からあなたの新

同等の教義の下で、あなたの製品またはサービスが請求された発明と同じ機能を実質的に同じ方法で達成して同じ結果を得るかどうかをテストします。 例えば、Duncan Parking Techs. (株)エヌ-ティ-ティ V.IPS Grp. (株)エヌ-ティ-ティ,914F.3d1347,1362(Fed. Cir 2019). この教義の適用性は、部分的には、特許の訴追履歴に変わります。 特許保有者が、先行技術特許またはシステムの教えを区別しようとして、特許の範囲の範囲を制限したり、特定の請求項の意味を狭めたりした場合、等価物の教義は適用されない可能性がある。 さらに、特許の周りに設計しようとする試みの証拠は、変更が非実体的ではないことを推論する被告人の権利を与える可能性があることを提供する連邦回路局があります。 例えば、Roton Bararier,Inc. V.Stanley Works,79F.3d1112,1127(Fed. Cir 1996年)(”Eはスタンリーが’008特許を認識し、それの周りに設計しようとしたことは議論の余地がないことに注意してください…. このような設計は、教義の下で侵害の推論を提供しません。”);しかし、DeMarini Sports,Inc.を参照してください。 v.Worth,Inc.,239F.3d1314,1334(Fed. Cir 2001年)(競合他社がワーナー-ジェンキンソン社の最高裁判所の判決と矛盾するように特許を中心に設計しようとすると、同等の教義の下で侵害なしの地方裁判所の推論を見つける。 V.ヒルトンデイビスケム。 Co.,520U.S.17,36(1997)that intent playes no role in the application of the doctrine of equivalent)。

特許の通知を公衆に提供するという方針に不公平で反しているように見えるかもしれませんが、特許保有者は、競合他社の新たに設計された特許ま 実際、リンゴでのそのような第二の咬傷は一般的です。 しかし、より早い優先日を呼び出して利用するためには、出願人は、継続またはCIPにおける”新しい”特許請求の範囲が、(1)以前の出願に見られる特許説明および(2)以前の起訴履歴によって支持されていることを審査官に納得させなければならない。 完全に新しい請求または主題は、以前の優先日を利用することはできません。

奪われるべき教訓は、デザインアラウンドの有効性は、特許請求の範囲にある発明の新規性および/または機能性の点で変更がどの程度重要であるかに依存する可能性があるということです。 また、長年の先行技術技術、方法または要素、特に特許審査官によって引用されたものを使用する変更を組み込む可能性を考慮する必要があります。

最終的には、たとえあなたのデザインアラウンドが法廷で保留されていなくても、既知の特許を中心に設計しようとする誠実な試みの証拠が侵害が故意であったかどうかの要因と考えられているため、故意の侵害と損害の増加のリスクを軽減する可能性が高い。 例えば、Tranding Techs. 株式会社インテルコーポレーション (株)エスピードジャパン,595F.3d1340,1358(Fed. Cir 2010年)(行動が客観的に無謀ではなかったという証拠として”迅速な再設計の努力”を見つける)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。