ブログ

屋上庭園を始めるには、複数の方法があります。 簡単な容器の植わることから始まることができる-大きい&小さい、上げられたベッドを造るか、または従来の庭のような適切な土のベッドであなたの 完全に植えられた緑の屋根を構築することを選択した場合は、建物への潜在的な損傷を防ぐためにあなたの屋上を準備する必要があります。

新しい建物は、通常、従来の建物とは異なり、防水を念頭に置いて建設されています。 この記事では、完全に覆われた庭を植える前に屋上に設置する必要があるレイヤーについて説明します。

テラスガーデニングについてのすべてを学ぶためにあなたのテラスガーデンを構築する方法をお読みください。

防水層

防水層

最初の最も重要なステップは、漏れを防ぐために屋根を防水することです。 あなたがあなたの緑を植えることを計画している屋根は防水され、霜抵抗力があり、耐久財べきである。 特にあなたの緑を植え、鍋を置く区域。
屋上を防水する際には、プラスチックシートやポリマーコーティングなどを設置することによって、さまざまな方向があります。 あなたがあなたの屋上のために取付けることを選ぶ防水の膜は根および腐敗抵抗力があるべきです。 専門家の意見を得るために専門家に相談することもできます。

保護層

保護層

あなたの屋上への機械強さ、湿気抵抗および温度調整は保護/絶縁材の層によって提供される多数の利点の少数です。 ほとんどの場合、絶縁層は、ポリウレタンフォーム、PIRパネル、またはXPS押出ポリスチレンボードで作られています。 雨水が排水系統を素早く通るようにする溝および端関係を製粉したので屋上の庭のためのPIRのパネルを取付けることを助言する。
あなたの屋上のための保護層を取付けることはあなたの台地の庭の長い生命を保障し、あなたの心配をすべて離れた保ちます。

排水システム

排水システム

排水システムを設置する目的は、できるだけ早く飽和水を除去することです。 適切な排水システムはすぐに排水システムに植生層と屋上から余分な水を排出する必要があります。
一般的な排水材料には、余分な水に浸すことができる多孔質マット、粒状材料(砂利、石チップなど)、軽量プラスチックシート、またはポリスチレン排水モジュー

ろ過層

ろ過層

排水システムの目詰まりを防ぎ、排水層を植物から分離させるために、フィルター層が設置されています。 それは微粒子の沈殿物を防ぎ、排水系統の作用を保つ。 不織布またはジオテキスタイル層は、ほとんどの状況で理想的です。

植生層

植生層

あなたの植物を成長させる表面は植生層と呼ばれています。 成長媒体(土)はあなたがあなたの屋上の庭で育つことを選ぶ植物に従って準備される。 よく肥やされた土は屋上の園芸のために最もよい。

土壌の厚さは再び植物の選択に依存します。

これらの種子で屋上で繁栄しているキッチンガーデンを育てる

屋上で育つことができる植物

屋上で育つことができる植物

食用の緑から美しい花やその両方のミックスに至るまで、屋上でほとんど何でも、すべてを育てることができます。 屋上庭園は、ハーブ、花、野菜、さらには矮小な木を栽培するのに十分です。 あなたが選ぶ植物は、温度やその他の要因に依存します。 あなたが初心者なら、あなたはこれらの簡単に成長する屋上に優しい野菜から始めることができます:

Tomatoes

トマトの植物は上げられたベッド、鍋および他の容器でよく繁栄できる。 彼らは成長し、最小限のメンテナンスを必要とするのは簡単です。

玉ねぎ

玉ねぎ

私たちはほとんどすべての料理に玉ねぎを使用しています。 それらはあなたの台地の庭のための大きい適合である場合もある。 ネギは小さな容器でよく成長することが知られています。

Potatoes

ジャガイモは、おそらくあなたのテラスで成長する最も簡単な野菜です。 彼らが必要とするのは、あなたに健康的な農産物を与えるために成長し、水に良いスペースです。

トウガラシ

Capsicum

多様性および多様な使用法のために知られていて、トウガラシはあなたの台地の庭の大きい部分を作る。 最小限のケアと忍耐の多くを使用すると、任意のプランターでトウガラシを成長させることができます。

ビート

ビート

ビートは、その小さなサイズのおかげで、小さな場所でよく繁栄します。 あなたのサラダにあなたの台地の庭のそれらの成長によってビートの接触を与えなさい。
屋上庭園で育てたい緑を決めるために、インドのこの野菜の種まきカレンダーを覗いてみることもできます。

あなたのテラスのガーデニングを始め、あなたのスペースを最大限に活用してください。 AllThatGrowsから高品質の家宝の種をつかむ今日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。